災害 災害医療 一般社団法人 日本災害医療 ロジスティック協会

一般社団法人 日本災害医療 ロジスティック協会

日本災害医療 ロジスティック協会とは


本協会は、
災害発生時の医療活動をロジスティックの面から
サポートする活動の充実を目指します。


最近のトピックス

2016.02.20〜02.21
災害医療ロジスティックセミナー
「実践-防災研修講座」開催予定(2日間コース)
>詳細・申込はコチラ

2016.01.27
「新春講演会」開催予定
>詳細・申込はコチラ

2015.11.13
岩手県立大槌病院スタディツアー催行

2015.06.22
総会(セイワクレストビル) 理事改選

2014.11.28
講演会開催(グランドヒル市ヶ谷)

2014.03.09〜10
「災害医療ロジスティックセミナー」開催(2日間コース)
(東京医科歯科大学講義室)

2014.02.03
平成25年度災害医療ロジスティックスセミナーのご案内
>詳しくはコチラ

2011.09.02
東日本大震災の被災地(岩手県大槌町)に仮設診療所を整備し、
6月27日に開設されました。
>詳しくはコチラ

2011.09.02
11月12日(土)に災害医療ロジスティックに関する講演会を開催します。
>詳しくはコチラ

事業目的


「大規模災害発生時に災害医療をバックアップする業務」を支援します。

・ 医師・看護士・支援スタッフ間の業務調整
・ 医療チーム派遣にあたっての関係機関の調整
・ 医療資器材、医薬品、活動支援機材、必要生活物資の供給確保
・ 避難者等の保健衛生確保
・ 現地における通信、情報伝達確保


研修を行います。

災害医療ロジスティック業務を担う要員に対する教育及び研修を行います。


災害対応に活かします。

災害医療及び災害医療ロジスティック業務の経験を集積して今後の災害対応に活かします。


今回の東日本大震災にあたって、当協会では被災地の医療活動を支援するため、民間の寄附を受けて、簡易 診療施設を被災地(岩手県大槌町)に開設し、その活動を行うこととしています。